検索
  • iesenjoyenglish3

Blog-4 フォニックス:アルファベットには「名前」と「音」がある(その2)

更新日:2021年9月6日



こんにちは。


フォニックス:アルファベットには「名前」と「音」がある、の続きです。




日本語のひらがなとカタカナは、「あいうえお、かきくけこ、さしす・・・」


と覚えれば、文字を一つ一つ、繋げていくことで、


あさ(=朝)、うえ(=上)など様々な言葉になり、文も読めるようにあります。




しかし、英語はそのようにはいきません。


前回、アルファベットには、「名前」と「音」があるとお伝えしました。



アルファベットの「音」とは、各文字が表す音のことです。


たとえば、 bagを例にとれば、



「名前」読みだと、 ビー、エイ、ジー で、「名前」をつなげても単語として読めない。

「音」で読むと  ブッ、ア、グ だと、「音」をつなげて単語の正しい読み方ができる。



フォニックスを学ぶと、「b=ブ、a=ア、g=グ と発音する」ことがわかります。



また、フォニックスを知っていれば、bagという単語を知らなくても、耳で聞いただけで、bagと書くことができるのです。



 

 #坂戸市 #英語 #子ども

 #児童英語 #ブログ岩永美津江 #イワナガ・イングリッシュ・スタジオ

閲覧数:6回0件のコメント